多夢多夢 着物チェックポイント

留袖・振袖専門。ブライダル・結婚式用の着物レンタルは京都駅前多夢多夢|タムタム

着物チェックポイント
着物の着こなしのコツを掲載いたします。
ぜひご参考にしてみてください。
着物や帯には、格の調和が大切!!
留袖、色留袖には、袋帯で二重太鼓。
振袖には袋帯で、文庫、立て矢、太鼓系の変わり結びで豪華に。。
訪問着や付け下げには、袋帯で文庫、太鼓。。
少し気楽なお出かけには、おしゃれ袋や名古屋帯で銀座結び。。
街着には半幅帯で、可愛いく、自由に。
えり合わせは、振袖のときは、襟元が前で90度になるように合わせます。
肩幅が広く、体格の大きい人は、少し、鋭角に合わせ、縦長にみえるようにします。
いつも胸元が詰まって、首が短く見えてしまう人は、長じゅばんの後ろにひも通しをつけ、後ろを引き気味に着付けします。
特に留袖は、襟を詰めてしまわないように。そして後は帯が高すぎると紋が見えません。

帯の下のおはしょりは指一本くらいの幅にします。背が低く、はしょりが長くなる方は、伊達締めの中に余分を織り込んで帯と平行にまっすぐ出してくださいね。

帯締めは帯の真ん中に締めますが、年配の方は少し中央を下げると落ち着いた感じになります。

▲ページトップへ